起業家が【人を雇用する】ということ

【人を雇用するということ】を長年考察していた「おおさか総合起業家支援センター」の佐藤です。

 

昨年、全くご縁がない人を新規で採用しようと思い悩み、新人社員を雇用して思うことは、10名未満の会社は、社長自身が裏切られても仕方がないと思える人を採用することがベストだと感じています。

正直言って、一度や二度の面接をしても、その人の本性や能力は、おおよそしか分かりません。
でもその人との相性は、数回会えば分かると思います。
だから、10名未満の規模の会社なら、
人を採用する時は、経営者の友人になれるような人を雇用すれば良いと、いまでは思っています。
もし期待を裏切られることがあっても、友人なら許せるのではないでしょうか・・・(あくまで10名未満の会社の雇用の話です)

創業者として開業から、私は亡き税理士師匠が話していたことを、時々思い出します。
「佐藤くんが、今まで採用した社員の中で一番信用出来るわ」と。
その話を聞いた時に、わたしの師匠はどれだけ社員から裏切られたんだろうって思っていました。 
世の中には、私のように忠誠心が高い人もいるのかもしれませんが、そこに経営者が甘えるのはダメだと、今では思っています。

社員にも生活があり、裏切るつもりはなくても次のステージにいく必要があって、生活を守る為に辞めることがあります。

わたしが大変お世話になった税理士師匠が亡くなって、10年近く経ちます。

未だに亡き師匠税理士のご冥福をお祈りする為に、線香をあげて手を合わせて拝んでいます。
わたしは最後の弟子として亡き師匠税理士に、それぐらい感謝していますし、おそらく生涯感謝し続けるでしょう。

しかし通常はそこまでする必要がないと、経営者としてトップになって感じるのも事実なのです。
私と師匠のような弟子と師匠との師弟関係と、経営者と社員との関係は全く違いますからね。

社員に対して、経営者も努力して魅力のある会社にしていかなければならない。
それが、私が出した社員の雇用に対する意識の結論です。

良い人に長く働いて欲しいと願うなら、経営者自身も会社も魅力があるように努力しなければならない。
そう強く思います。

そして、わたし自身も魅力的な経営者に成長する為に、日常業務以外に学んでいます。
お客様のお役に立てるように、また一回り成長出来るように日々勉強します‼️(ガタイの一回り成長じゃないですよ〜w)

2018年11月20日 | カテゴリー : 起業家スピリッツタグ: ,