言葉の重み

【言葉の重み】

まだまだ自分は未熟だと思い知らされた「おおさか総合起業家支援センター」の佐藤です。

新人研修が大成功したことを、人事研修コンサルタントの望月師匠にメールにてお礼の報告したところ、朝一で電話連絡を頂戴しました。

「先生に丁寧に教えて頂いたおかげで、新人さんからも社長さまからも新人研修、大好評でした。本当にお世話になりました。ありがとうございます!」と伝えたところ、人事研修コンサルタントの望月師匠から、有難いお言葉をいただきました。

「佐藤先生、研修が成功したのはね。佐藤先生が今まで築きあげてきた経験が素晴らしいからなんですよ。佐藤先生はほんとご苦労をされているので、セミナーを聴いた人たちにも、心から響くんです。佐藤先生の言葉には重みがありますよ」と。

望月師匠から朝一番で電話連絡を頂いたことにも感動しましたが、とても心がこもった有難いお言葉をいただき、涙もろいので泣きそうになりました。

わたしが逆の立場だったら、弟子から褒められたら、ただ照れて喜んでいただけだと思います(照笑)

望月師匠との会話をしたおかげで、改めて人としても上には上がいることを知ることができました。
まだまだ私は未熟です。

望月師匠から人事研修を学ぶ以外に、人としての器のデカさも目の当たりにさせていただきました。

人事研修を指導する立場の勉強をしていますが、わたし自身が研修から、逆に勉強をさせていただいています。

本当に有難いことです。

人としても成長していきたい。

上を知ることで、また人としても成長できます。

師匠がいることは素晴らしいです。

2019年04月10日 | カテゴリー : 起業家スピリッツタグ: , ,