経営計画を作れば、社長の考えはまとまる!

社長は会社を良くするのが仕事!だと信じている「おおさか総合起業家支援センター」の佐藤です。

2019年新年初参加した勉強会は、先生業の研修会で知り合った数多くの先生たちとの、関西合同での研修と新年会。

研修内容は、目標設定と目標を達成ノウハウでしたが、昨年から取り組んでいる弊社の経営計画書の策定とリンクして良かったです。

会社を客観的に分析するために、そして今後の経営方針、経営戦略、経営課題をはっきりさせるためには、経営計画書が必ず必要になります。弊社も11月頃から策定していき、年末にようやく経営計画書が纏まったところでした。

だから、目標の達成ノウハウの研修がものすごく心に響きました。

逆に、経営計画書がまだ完成していなかったら、目標の達成ノウハウの研修を受講しても、ピント来なかったと思います。

事前準備の大切さを実感いたしました。

そして研修が終わった後は、新年会の席で弊社の課題としていた問題を解決できる先生と、早速繋がることができたことに驚きました。

さらに、web集客を強化できる先生とも繋がりました。

それらは、両方とも今回の研修中に目標を達成する為に必要と記載したものでした(驚)

願えば叶う

小さな会社の経営は社長自らが、率先して引っ張っていかなくてはなりません。
その為には、人様の力を借りないと、社長だけの力では、やはり色々と限界があります。

この数ヶ月、ガムシャラに一人で取り組んで空回りしていたことに、一筋の光が差し込んだような感じになりました。

年末年始に、ひたすら読書をしてネットで情報収集していた問題は、人様の力を借りれば今夜一晩で解決ができそうです。

ただ社長であるわたし自らが、ずっと努力しても上手くいかなかったからこそ、お金を支払ってでも人様にお願いしようと納得できていたので、タイミングが合った時に即仕事の依頼をできたのも事実です。

ほんと人生って面白いって思います。
今年はたくさんの方々に助けて頂くことで、弊社はまた前進できそうです。
会社を良くする為に、社長は動いてナンボ、もがいてナンボ、人と繋がってナンボ、と感じた一日になりました。

2019年01月16日 | カテゴリー : 起業家スピリッツタグ: , ,