新人研修で何を語るか悩む

【新人研修で何を語るか悩む】

介護事業所の新人研修で何を語るか悩んでいる「おおさか総合起業家支援センター」の佐藤です。

来週、介護事業所の新人研修を、弊社の社労士と一緒に担当させてことになっています。

わたしの役割は前座の性格診断を担当しているのですが、それだけだとつまんないなぁと、直前になって思い始めました(苦笑)

私しか出来ない新人研修はないだろうか…。

セミナー講師ではなく、わたしは経営者なので、仕事ではリアルな話をすることが出来ます。
そして仕事が大好きです。

でも、その話は新人さんに響くのだろうか…。
ただドン引きされる「俺は凄いだろ?」の話をしても意味がないですからね。

でも、新人さんにも働く喜びを、やっぱり知って欲しいと思うのです。

しかし人様に喜ばれる、感謝されるレベルの仕事をするには、修行というか鍛錬というか、やはり苦難を乗り越えないといけません。
そして何より本人の努力が、もっとも大切です。

その努力をした人だけが、働くことの喜びを味わえると思っています。

ダラダラ働いて、お金を稼ぐ為にだけ働いている…
そんな風になってしまう人は意外と多いものです。
意外に思う人もいるかもしれませんが、そんな生き方をわたしは否定はしていません。
人それぞれだと思っています。
人様に迷惑をかけないのなら、わたしは好きに生きれば良いとも思っているのです。

でも、そんな人を弊社では採用はしていません(苦笑)

弊社の仕事は業務レベルが高いです。だから、やる気がない人を採用してしまうと、結局スタッフ本人が一番居辛くなってしまうんですよね。

わたし自身も経営者になっていますが、毎日勉強して成長しています。

だからこそ、一生懸命に働いてくれるスタッフたちと、成長しながら毎日を過ごしたいのです。

ただ自信を持って、はっきりと言えます。

働くことの喜びを知らないことは、とても勿体ないことだなぁと。
人生、損をしてるなぁと。
そう思っています。

直近の出来事ですが、税理士変更を希望されている年商〇億円の経営者さまと一時間半の打ち合わせ。

その打ち合わせで、顧問契約を2社、補助金2案件、助成金1案件、融資案件と話すと次々に契約が決まりました。
さらに今後は採用まで支援すると約束しています。

ただ契約をしただけで、ものすごく感謝されました。
素晴らしい事務所と出逢えたと。

その域まで到達すると、仕事って本当に楽しいです。
そのことを、新人研修でどのように噛み砕いて話せばいいのか…。

働くことの楽しさ、そして社会に必要とされることの素晴らしさ、それらを新人に伝えたいです。

来週の新人研修まで、あと数日ですがギリギリまで考えて、少しでも役立つ新人研修を行いたいですね。

2019年04月04日 | カテゴリー : 起業家スピリッツタグ: , ,