実感して語る

日頃から【実感したことを語る】おおさか総合起業家支援センターの佐藤です。

 

わたし自身が先生業という仕事をしているからこそ、定期的に仕入れで研修を受講しています。

直近では、人に共感する伝え方をするには、どうすれば良いのかという研修テーマがあり、とても興味深く勉強させて頂きました。

その先生が一番大切だと話されたことが、「実感して語ること」でした。

わたしも常々、仕事では実感したことを語っています。

資産家のこと、起業家のこと、2代目・3代目の経営者のこと、わたしが付き合ってきたお客様たちです。
23年の経験と実績があるから、実体験したことしか話しません。
そして、お客様の気持ちがよく理解できるから、共感出来るのです。

メインの集客はネットでしていますが、実際にリアルであって1時間ほど会話してからの、顧問契約への契約率は弊社からお断りしているものを合わせても9割超になっています。

何故そこまで高い契約率なのかと、同業者の方から聞かれることが、偶にあります。

先ずホームページに本当に感じたこと、経験したこと、心から想っていることしか、記載していない。
その上で、弊社の税理士がブログで人柄を出している。
最後に、わたしと税理士の二人で、かならず初回面談をして、わたしが実感したことを語ると納得して下さって契約という流れになっています。

わたしと税理士の二人、どちらが欠けてもこのような契約率にはならないでしょう。

実感したことを話す為には、ひたすら自分自身が経験するしかありません。

勉強好きで、研修や書籍で学んいるのに、なぜ相手に伝わらないのか…
つまり、なぜお客様と新規契約ができないのか…

経験が圧倒的に足りていない人が、最近すごく増えていると感じています。
学んだから出来るのではありません。
その後の経験がなければ、身にはついていないでしょう。
経験すれば実感して、自然と語れます。

そして一番経験が身につくのは、人の下で働くことなんです。

嫌な仕事もさせられるでしょう。
理不尽な目にも合うでしょう。
もしかしたら好きな仕事も、しばらく出来ないかもしれません。

でも、それで良いと思うんですよね。

ちなみに日本政策金融公庫の創業融資で、一番重要とされるものは、何かご存知でしょうか?

起業する事業を、過去にどれだけ経験があるのか、どれぐらい学んだのかが、もっとも重要とされています。

日本政策金融公庫は、成功している起業家は独立する事業の経験が十分に積んでいることをデータとして持っているので、もっとも重要としているのです。

ただ事業において経験があまりいらない業種があるのも事実です。ただし、起業家が人として未熟だったら、誰も人は着いてきません。

本当にみんな去っていきます。

過去のお客様の中には、弊社も起業家が精神的に未熟過ぎて振り回されて顧問を辞めることがありました。

そして、全員から見放されて誰も居なくなった起業家も知っています。

もしあなたがお客様にだけ、頭を下げていれば良いと考えているのなら、あなたがどんなに優秀な人でも、いずれ仕事は出来なくなります。

一人でできる仕事なんて、たかが知れています。人に協力してもらわないと大きな仕事は出来ないのです。

そして一番その人の本質がわかるのが、食事を一緒に飲食店ですることだと思っています。

飲食店で、店員さんに高圧的な態度をする人が、あなたの身近なところにいませんか?

飲食店で、店員さんに対して偉そうに接している人が、わたしは大嫌いです。

食べにきてやってるの意識が強過ぎるから、そういう態度になるのです。本当はお互いさまです。

わたし自身が大学生の時に、飲食店で5年ほど働いていた経験があるので、余計そう感じるのかもしれませんが、社会人が高校生や大学生を相手に偉そうにしている姿を見ると、見苦しいとしか思えません。

あなたが社員なら、日頃のストレスを立場が弱いもの相手に発散していることを反省していただきたいです。経営者でこんなことをしているのなら、会社の経営そのものに全て返ってくるので、今すぐ辞めてください。

あなたが経営者なら、むしろ飲食店の店員さんからいいお客様だね!と好かれるぐらいになっていただきたいです。

世の中にはそんな大人が多いこともあって、若者が社会に出れば、世の中は不条理なことばかりに見えるでしょう。
しかし社会的地位が上がれば、理不尽な目に合うことは、どんどん減ってきます。

理不尽なことをする人ほど、上には媚びている人が多いからなのですが…。

ただ嫌な目に合うことも経験です。そして世の中は良い人ばかりではないことを知るのも経験です。

良くないことをする人を知ることで、あなたがそんなことを他の人にしなければ良いのです。

良くないことばかりを書いたので、最後に世の中には、心から信頼できる人、本当に良い人がいるのも事実です。

世の中腐っているという人は、いまは良くない人に出会っているだけです。あなたが知らないところに、良い人はたくさんいます。

一生懸命に生きてください。

そうすれば、気がつけば素敵な人たちに囲まれているでしょう。

さらに人生を楽しむことができます。

そして、このことを実感して話せるのは、わたし自身が実体験してきたからです。

「実感して語ることが出来る人」=「一生懸命に生きている人」なのかもしれませんね。

2018年12月15日 | カテゴリー : 起業家スピリッツタグ: , ,