人付き合いは打算や損得では続かない

人付き合いは打算や損得では続かないと考えている「おおさか総合起業家支援センターの佐藤です。

わたしが大学新卒で会計事務所へ就職して23年間、お付き合いをさせて頂いているお客様から廃業のご相談を受けました。

弊社と言うよりは、わたしが長年お付き合いさせて頂いていたお客様は、社長のご年齢、社員の採用問題、商売の衰退、後継者問題等、廃業理由は今正しく日本中で起きている中小企業の事業継続と同じ問題で、一昨年、昨年と自主廃業ラッシュになっています。

何件も解散、清算の手続きをしていたら、「もはや、うちの事務所の得意分野じゃない?」と弊社の税理士と冗談を言うぐらい、廃業の手続きをしていますね。

ただ嬉しいことに倒産で廃業するお客様が一件もなかったので、すべて円満廃業でした。

そんなこともあって、特に昨年は新規のお客様が増えながら、長年お付き合いがあったお客様が廃業で減ったこともあり、トータルのお客様はさほど増えてないのに、異常な忙しさになっていました(苦笑)

今回、ご相談を頂いたお客様の決算書を改めて見ると、今年で40期の法人。
わたしが新卒で担当させて頂いて決算書をみた時が17期。
23年の重みを決算書からも感じました。

お客様の会社へ出向いて、昔の思い出話を含めて2時間廃業の手続きとトータルの概算費用について詳細の説明。

説明が終わった後に、
「佐藤先生に、ずっと見てくれて本当に良かった!」
「これからは息子たちのことをよろしくお願いしますね!」と社長が涙ながらに、わたしに言ってくださいました。

お客様からの感謝の気持ち。

わたしにとって何よりこの仕事を続けていて良かったと思うときです。

人付き合いというものは、打算や損得では続かないと思っています。
長く付き合えば、やはりその人の人柄が見えます。
それはどんなに隠しても相手に伝わります。

だからきちんときちんと、丁寧に一つ一つの仕事をする。
お客様に対して、きちんと約束を守り誠意をもって対応する。

仕事は、これの繰り返しです。

それを繰り返し続けることで信頼は生まれます。

ただ仕事が欲しいだけ、お金儲けをしたいだけ、人と打算や損得で付き合うと、本当の信頼関係なんて生まれません。
そういう付き合いをすると、お金になる仕事は一生懸命に出来ても、お金にならない仕事は一生懸命出来ない、いや一生懸命にしないでしょうね。
そして約束も契約も、平気で破ります。
人って、そんなもんですよね。

お客様との顧問契約を顧問料金が安い理由で、弊社は一度も断ったことはありません(もちろん話し合いはしますけどね)
ただ約束を守って頂けないお客様とは、残念ながら契約を解除させて頂いています。

お客様との信頼関係が築けないからです。

「掃除は打算や損得では続かない」という言葉を見て、人付き合いも同じだなぁと感じている今日この頃です。

2018年12月27日 | カテゴリー : 起業家スピリッツタグ: , ,